LIFE

イギーとポルの夫婦日記。 

おすすめ映画!悲しい映画 BEST5!

最近、買い物から帰ってきて「あー! アレ買うの忘れたー(ノД`)」と後悔することが多くて、買い忘れのないように、買う物をメモするようにしたんですが、

買い物に行く時、そのメモを持っていくのを忘れるっていう、、、、、

救いようのない物忘れ女イギーです  (*'▽'*)ノ

 

人は悲しいくらい忘れていく生き物

 

過去に見た映画も、忘れていってしまいますよね。

記憶を記録しておきたくて、ブログに書きました。

勝手にランキングしました。

過去に観た数少ない映画の中から、悲しい、つらいと思った映画をランキングでご紹介 !

 

 

 

イギーが選んだ「悲しい映画ランキングBEST5 !」

おすすめ映画

  

5位 グリーンマイル 

 

グリーンマイル [Blu-ray]

グリーンマイル [Blu-ray]

 

 

【1999年 アメリカ映画】

【監督】フランク・ダラボン

【原作】スティーブン・キング

【主演】トム・ハンクス ,マイケル・クラーク・ダンカン

 

不思議な力を持つ死刑囚と、看守たちとの心の交流を描いた作品。

 

刑務所の死刑囚舎房で看守を務めていたポール(トム・ハンクス)のもとに、幼女姉妹を虐殺した罪で死刑を宣告された死刑囚のコーフィ(マイケル・クラーク・ダンカン)が送られてくる。コーフィが不思議な力で奇跡を起こすが、、、

 

ファンタジーだけど、結構見るのがつらいシーンがあります。

 

|д゚;)) 口からなんか でてるー !! 不思議な力が印象的。

不思議な力はすごいです。

不思議な力って、良さそうだけど…つらいのね。 

 

冤罪・・・死刑・・・つらい映画です。

 

 

 

4位 セブン 

 

セブン [Blu-ray]

セブン [Blu-ray]

 

 

【1995年 アメリカ映画】

【監督】デヴィッド・フィンチャー 

【出演】ブラッド・ピット ,モーガン・フリーマン 

 

キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いたサイコ・サスペンス。

 

若手刑事のミルズ(ブラット・ピット)と、定年間近のベテラン刑事のサマセット(モーガン・フリーマン)がコンビを組んで、猟奇殺人事件の捜査をしていくが、その先には予想もしなかった結末が待ち受けていた。 

 

ダークな雰囲気で、気味が悪いですが、、、 

次々に事件が起こり、どんどん引き込まれていきます。

「七つの大罪」をモチーフにした猟奇殺人が印象的。 

 

クライマックスの ブラッド・ピットがいいです。 

 

箱の中・・・|д゚) ? 何 !?

衝撃のラスト・・・とても 後味の悪い映画です。

 

 

 

3位 手紙 

 

手紙 [Blu-ray]

手紙 [Blu-ray]

 

 

【2006年 日本映画】

【監督】生野慈朗

【原作】東野圭吾

【主演】山田孝之 ,玉山鉄二 

 

犯罪加害者の家族の心情を丁寧に描いた作品。

 

兄(玉山鉄二)が殺人を犯し、人目を避けるようにして生きる弟(山田孝之)。刑務所に服役中の兄から届く手紙。ある女性の支えにより幸せを掴みかけた彼は、兄からの手紙を断ち切る決意をする。    

 

兄のせいで世間から厳しい目を向けられ、堪え難い差別をうけまくります。それから逃れることはできず、絶望の中、どのように生きていけばいいのかわからず苦しみます。

弟は何もしていないのに、悪くないのに、、、見ていてとてもつらいです。

 

もし自分が同じ境遇(犯罪加害者の家族)になったら、どうやって生きていけばいいのか。

もし自分が被害者の家族や、犯罪者家族の同僚だったら…

自分だったら… と、いろいろと 考えさせられる映画です。

 

 

 

2位 私は貝になりたい 

 

私は貝になりたい [Blu-ray]

私は貝になりたい [Blu-ray]

 

 

【2009年 日本映画】

【監督】福澤克雄

【主演】中居正広 

 

第二次世界大戦後、戦犯として死刑を宣告された男と家族の苦悩や絶望、戦争の残酷さ、戦争の不条理を描いた作品。

 

高知の漁港で理髪店を営む清水豊松(中居正広)は、妻(仲間由紀恵)と息子と、豊かではないが幸せに暮らしていた。生まれつき足が悪く徴兵を免れていたが、戦争が激しさを増し彼の元にも赤紙が届き、中部軍の部隊へと送られる・・・ やがて終戦を迎え、家族と平和な日々を過ごしてた矢先、突然ミリタリーポリスに従軍中の事件の戦犯として捕らえられてしまう。

 

この映画を、朝見たんです。

朝からずっと何もする気になれず… 一日中どんより。 

朝から見てはいけません ! 

 

絶望と悲しみしかない。

 

実際、世の中 不条理で理不尽だらけで嫌になるよね。

私も貝になりたい… と思った映画です。

  

 

 

1位 ライフ・イズ・ビューティフル 

 

ライフ・イズ・ビューティフル [Blu-ray]

ライフ・イズ・ビューティフル [Blu-ray]

 

 

【1997年 イタリア映画】

【監督】ロベルト・ベニーニ

【主演】ロベルト・ベニーニ

  

第二次世界大戦下のナチスの強制収容所を舞台に、愛とユーモアで家族を守り抜いた男の姿を描いた作品。

 

イタリアの小さな町で、ユダヤ系イタリア人のグイド(ロベルト・ベニーニ)は、美しい小学校教師ドーラと運命の出会いをする。息子ジョズエにも恵まれ、幸せな日々を過ごしていたが、ユダヤ人迫害により、家族はナチスの強制収容所に送られてしまう。過酷な状況下、息子を守る為に一生懸命に乗り切ろうとするが、、、

  

お父さん(ロベルト・ベニーニ)が素敵なんです。

息子を怖がらせないように、家族を守ろうと一生懸命なところがいい。

どんなにつらく過酷な状況下でも、明るくユーモアで乗り切ろうとする姿が笑える反面、とてもせつないのです。

 

戦争映画というより、愛の物語であり、愛とユーモアあふれる、

悲しい映画です。

 

 

悲しいと思ったおすすめ映画といえば、「ライフ・イズ・ビューティフル」をすぐに思い出して、1位にしたんですが、、、特にBEST5の順位にこだわりはないです (^-^;) 

 

まだこれらの映画を観たことのない方は、こんな映画もあるんだー、観てみようかなーと思っていただけたら幸いです。。。

 

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~( ←映画評論家、水野晴郎さんより ) 

 

 

以上、イギーが選んだ「悲しい映画ランキングBEST5!」でした(*'▽'*)ノ 

 

 

最後まで読んでいただき ありがとうございます ♪