LIFE

イギーとポルの夫婦ブログ

【Candy Foxx】レペゼン地球解散!そして新会社を設立した経緯を解説【GOSHI GOSHI】

2020年12月26日彼らの故郷、福岡県のPayPayドームで沢山のファンから惜しまれながらも解散を行った「レペゼン地球」。

 

日本で最も注目を浴びているDJ集団の彼らが、2021年の元旦に自身の曲専用チャンネルのYouTubeチャンネルを「-Candy Foxx」に変更し「GOSHI GOSHI」というMVを投稿。

 

「世界一のエンターテイナー」を目標に掲げ、再始動を始めた。

 

(゚д゚)!

 

よっしゃwwwww!  

 

どぉ~もぉ~ポルです!  ヽ(^o^)丿

 

 

今回はその解散理由と新会社「Studio Candy Foxx」を設立した経緯を解説していこうと思います。


レペゼン地球とは

レペゼン地球 博多Life Studio Candy Foxx 解散

YouTubeチャンネル登録者数248万人を誇るDJ集団。

 

日本で音楽活動するグループで、DJ社長を筆頭にDJふぉい、DJ銀太、MG脇(マネージャー)、DJまるの5人で構成されています。

 

所属事務所の「Life Group」はリーダーでもあるDJ社長が経営、レコード会社には所属せず、音楽配信サービスやYouTubeを使って楽曲を発表しています。

 

楽曲を発表する「曲チャンネル」とは別に、宣伝やバラエティー動画を配信するための「メインチャンネル」も持っています。

 

このメインチャンネルの登録者が248万人いる為、YouTuberとしてニュースになることが多いですが、本人たちはYouTuberであることを否定し、YouTuberの収入源である動画広告を一切つけていないカッコイイ一面もあります。

 

 YouTubeに投稿している沢山の過激な動画が原因で、一度チャンネルが閉鎖されましたが、レペゼン地球との親交の深いYouTuber達が協力し再登録してもらうように動画内で拡散し、再度作られたアカウントの登録者があっという間に現在の登録者に復活しました。

 

その際に削除された動画は、レペゼン地球の公式ファンクラブに加入することで、すべて閲覧できるようになっています。

 

結成当初から掲げていたドームでのライブが数々の炎上で公演中止になり、その後、開催を発表したアリーナツアーも、コロナウイルス感染症の流行で中止になった。

 

同じYouTuberのヒカル、ラファエル、シバタ―や、大物YouTuberのヒカキン、はじめしゃちょうなどとYouTube上で積極的にコラボし、どんどん人気が膨れ上がった。

 

解散を発表

人気絶頂の彼らが突然、結成以来の目標であったドーム公演が「最後の晴れ舞台」とし、2020年12月26日にメンバーの故郷でもある福岡県の「Pay Payドーム」で開催する、解散ライブをもってレペゼン地球は解散すると発表。

 

この発表と同時に、数々のライブの中止により多額の借金がある「Life Group」は、解散ライブの為の支援金を募集。また、クラウドファンディングサイトを通じても支援金を募集しました。

 

解散後は「YouTube上にある全てのMVと動画をすべて削除する」と謝りながら発表し、多くのファンを悲しませ話題に。

 

クラウドファンディングの支援者には非売品CDやDVD、ステッカーといったリターンを郵送、残りの支援金はライブ実施のための諸経費、さらにはコロナ対策で間隔の空いた座席に設置するLED風船設置といった用途に使われることが告知されました。

 

DJ社長のSNSの投稿によると、11月9日時点で早くも1億円を突破し、23日深夜には支援金額が目標の2億円を突破したことを報告。

 

ファンに向け「ありがとう!」と感謝の言葉をつづりました。

 

 

 

PayPayドームの解散ライブ

レペゼン地球 解散ライブ PayPayドーム

解散を惜しむ声が上がる中、11月18日に解散ライブのチケット販売が開始されましたが、新型コロナウイルスの影響で観客数が制限されていたこともあってか、用意されていたチケットは瞬く間に完売。

 

購入できなかったファンからは残念がるコメントがたくさん殺到し、グループの人気の高さをうかがわせる事件がおきました。

 

解散ライブは大盛り上がりを見せ大成功の結果となり、彼らを応援する多くの有名なYouTuberもライブに来ていることがわかりました。

 

解散発表時に「解散後の新たなデカイ夢を見つけた」と言っていたDJ社長は、ライブの最後に「解散なのでアンコールはしません、世界一を目指す!1月1日21:00に夢が何なのか明らかにする」とだけ発表し解散ライブは終了。

 

 

Studio Candy Foxxを設立

Studio Candy Foxx GOSHI GOSHI MV 1st シングル

本当にYouTube上からすべてのMVと動画が削除され、新年を迎えた1月1日21:00にあるMVが投稿されました。

 

「Studio Candy Foxx」という謎のアカウントからそのMVは発表され、それがレペゼン地球の「曲チャンネル」が改名されたアカウントだという事が判明。

 

その後、レペゼン地球公式のSNS上での発信で2021年の1月1日にDJ社長、DJふぉい、DJ銀太、DJわき、DJまるの5人で【Studio Candy Foxx 株式会社】を設立したことが発表されました。

 

Candy Foxx メンバー レペゼン地球 解散

この発表を受けファンの間で歓喜の声が上がり、一部のファンはMG脇がDJわきに改名されている事で大いに盛り上がったそうです。

 

その後、DJ社長はSNS上で「我々が日本語で日本の方達へ発信するのは、この【公式LINE】と【Twitterの日本アカウント】のみになります。 我々の新たな活動 乞うご期待」と発表。

 

 

1stシングル「GOSHI GOSHI」


1st Single【GOSHI GOSHI】

 

1月1日21:00に突然公開されたMV「GOSHI GOSHI」は、レペゼン地球のデビューシングル「5454」のアレンジバージョンと見られます。

 

音楽ジャンルはEDMというジャンルでエレクトロニック・ダンス・ミュージックの略です。

 

大まかに説明すると、シンセサイザーなどを使って生み出す、大勢の人たちが高揚感をえられ、一緒に踊れる音楽の事です。

 

さすがDJ社長とおもいます、世界にいる大勢の人に受け入れやすい、伝わりやすい音楽だと思いました。 (^-^)


MVは赤を基調とし、和テイストを盛り込んだショッキングでカオスな映像。

 

曲のオープニングは銃撃により沢山の人たちがバタバタと倒れているところからスタート!

 

その後は、笑顔の老婆のもとにターバンを身に着けた男性が、カレーを差し出すと、女性は「誰がこんなもん頼んだー!」と激怒し、皿をひっくり返し、続いてハンバーガーが差し出されると、またしても女性は「こんなもん誰が食べるかー!」と激怒。


ところが、プロレスラーの藤原組長扮する板前が、寿司を差し出すと満面の笑みで喜ぶ・・・といった具合に意味不明の「和」を強調したMVになっています。

 

彼らなりに日本の良い所を伝えたかったのでしょうか? (^-^;)

 

 

まとめ

一部の噂ではDJ社長の夢が、海外での大麻の販売などとする声もありましたが、これはフェイクだったようです。


蓋を開けてみると、音楽で世界を目指すというのが新たな夢だったみたいで本当によかったと思いますし、素直に応援できます。 (^-^)

 

ちなみにこのMVの概要欄から飛べる「Studio Candy Foxx」のウェブサイトには現在(2021/1/9)内容がなく、「02/02 21:00(JST) Coming Soon」と、これまた謎の文字が表示されているだけです。


調べたところ、このサイトはShopifyで作られているので、2月2日には何かしらの販売サイトがオープンするのかもしれません。

 

まだまだ詳細は判明していませんが、彼らの活動に目が離せないのは事実、今年もDJ社長やCandy Foxxに翻弄されるのが楽しみになりました。  (^-^)

 

 

 

おすすめの記事です!  

iggy.hateblo.jp



 

最後までこの記事を読んで頂き ありがとうございます!!

コメントなどありましたら、ツイッターかインスタグラムのDMで受け付けていますので、よろしくお願いします m(_ _)m

 

ならねーーーー!!!ヽ(^o^)ノ