LIFE

イギーとポルのブログ

「チョコみたいなキャロブキューブ」とは?1日分の鉄分が摂取できるお菓子!【ローソン】

みなさん「キャロブ」をご存知ですか?

 

ローソンで「チョコみたいなキャロブキューブ」という名前のお菓子を見つけました。 

チョコレートと思いきや、チョコじゃない!?っていう、「キャロブ」を使ったお菓子を食べてみたので紹介します (*'▽'*)ノ 

 

 

先日、忘れた頃にやって来る「固定資産税の納税通知書」が届きました。

1年分を4期に分けて支払うシステムなんですが、4月は通知書が来てから納期限までが短いので焦ります。

4月30日までに納めなきゃ~ でも大丈夫! 

 

セリアの「6リングバインダー」で家計の管理をしてるから、お金は準備してあるので大丈夫なのだ!!

 ⇩こちらが「セリアの6リングバインダー」の記事です。


いつでも支払えまっせ! (`・ω・´)

あとはコンビニに行くだけ~

 

ということで、固定資産税の支払いをするため『ローソン』へ。

そこで「チョコみたいなキャロブキューブ」という名前のお菓子を見つけました!

 

 " チョコみたいな " ってことは、チョコレートではないってこと??

キャロブって何?? めっちゃ気になったので、買ってみました (^-^)ノ

 

チョコみたいなキャロブキューブ

チョコみたいなキャロブキューブ iggy2019

「チョコみたいなキャロブキューブ」1袋 41g 168円(税込)

 

原材料

  • 植物油脂、砂糖、脱脂粉乳、キャロブパウダー、食物繊維、クリーム加工品、水あめ / 乳化剤(大豆由来)、光沢剤、ピロリン酸鉄、増粘剤(アラビアガム)、香料

栄養成分

  • エネルギー 225kcal、たんぱく質 2.3g、脂質 15.1g、炭水化物 22.6g、糖質 18.9g、食物繊維 2.9~4.4g、食塩相当量 0.07g、鉄 6.8mg 、ノンカフェイン

 

皆さんご存知の『ロッテ』がつくっている商品です。

パッケージには「鉄分6.8mg」と「食物繊維2.9g」という文字が目立っています。

鉄分と食物繊維が摂れるのはうれしいですね!

 

「キャロブ」って、有名なんですかね… (^-^;)

知らなかったので「キャロブ」をざっと調べてみました。

 

キャロブ

  • キャロブは主に地中海付近で栽培されるマメ科の植物。日本ではキャロブのさやの形がイナゴのように見えることから「イナゴマメ」と呼ばれる。 
  • カルシウムや鉄分、食物繊維などを豊富に含んでいる。特に、キャロブのさやから抽出されるピニトール(ビタミンB群の一種)には、血糖値改善作用や肝機能の改善効果が認められる。 
  • キャロブパウダーは、さやの中の黒い果肉部分を粉末状にしたもの。日本では健康食品として使用される。カフェインは含まれておらず、果肉自体に甘みがあり、風味がココアやチョコレートによく似ている。 

 

カルシウム・鉄・食物繊維が摂取できる美味しい植物なんですね~

 

 

 

「チョコみたいなキャロブキューブ」食べてみた

チョコみたいなキャロブキューブ① iggy2019

チャック付き袋になっているので、持ち運びしやすく、ちょっとずつ食べるのに便利です。

 

見た目は、どう見てもチョコレートです。

チョコみたいなキャロブキューブ② iggy2019

サイコロみたいな、小さいキューブ状。20粒入っていました。

 

食べてみると、チョコレートです (^-^)

食感も口どけもチョコレートですが、味はキャラメルチョコのような感じです。

 

半分に割ってみました。

チョコみたいなキャロブキューブ③ iggy2019

中に何も入っていませんが、キャラメルのような味がします。

 

甘いですが、普通のチョコレートよりあっさりしていると思います。

 

チョコレートみたいだけどチョコじゃない、これが 「キャロブ」か~!!

 

「キャロブ」って知らずに食べたら、普通にチョコレートだと思ってしまいます。

「キャロブ」ってわかっていても、チョコレートだと思ってしまいます (^-^)

 

まとめ

「チョコみたいなキャロブキューブ」は、ホントに " チョコみたいな " お菓子でした (^-^)

キャロブを知らない方はきっと、チョコレートじゃないの?!と驚くこと間違いなしです!

 

パッケージ裏に " 1袋で1日分の鉄分が摂取できます "と書いてあるので、おやつを食べながら不足しがちな鉄分が摂取できるのはうれしいですね ♪ 

 

キャロブを知らない方は一度食べてみてください (*'▽'*)ノ 

   

 

おすすめ記事です!  

iggy.hateblo.jp

 

 

最後まで読んでいただき ありがとうございます<(_ _)>