LIFE

イギーとポルの夫婦ブログ

ミツカン「ごま豆乳鍋つゆ」シメまで美味しい!ごま豆乳カルボナーラを食べた感想。

毎日寒いですね~

寒い日はあったかいお鍋に限りますね~!

 

私がスーパーでよく購入している鍋つゆは『くばらのうま鍋シリーズ』と『ミツカンの〆(シメ)まで美味しい鍋つゆシリーズ』です。

 

今回、お鍋はもちろんシメまで美味しく食べられる、ミツカン鍋つゆシリーズの「シメまで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」を食べた感想&おすすめのシメをご紹介します!

 

どうも、イギーです (*'▽'*)ノ

 

 

ミツカン「シメまで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」

ミツカン シメまで美味しい「ごま豆乳鍋つゆ」原材料 栄養成分 口コミ レビュー

mizkan「ごま豆乳鍋つゆ」750g(3~4人前)価格:298円

 

鶏と昆布のだしを合わせ、ごまと豆乳で仕上げた「ごま豆乳鍋つゆ」

薄めずに使えるストレートタイプの鍋つゆです。

 

原材料・栄養成分

【原材料】

  • すりごま、砂糖、鶏がらだし、食塩、大豆粉末、調製豆乳(大豆を含む)、ねりごま、ごま油、アミノ酸液(大豆を含む)、酵母エキス(大豆を含む)、なたね油、こんぶだし/調味料(アミノ酸等)、レシチン(大豆由来)、炭酸カリウム

 

【栄養成分】1人前(214g)当たりの目安です。

  • エネルギー 101kcal
  • たんぱく質 4.1g
  • 脂質 6.8g
  • 炭水化物 5.8g
  • 食塩相当量 4.1g

 

材料例

  • 豚肉 :200g
  • 白菜 :1/4株
  • 水菜 :袋
  • 人参 :1/3本
  • 長ねぎ:2本
  • えのき:1/2袋
  • 油揚げ:3枚
  • 豆腐 :1/2丁

お好みでおもちを入れてもおいしく召し上がれます。

 

作り方

①具材を適当な大きさに切ります。

②「ごま豆乳鍋つゆ」をよく振って鍋に移し、沸騰させます。

ミツカン「シメまで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」作り方 口コミ レビュー

ごまのいい香り ♪

ごまがたくさん入っています。

 

③煮立ったら火の通りにくい具材から順に入れて蓋をします。

④具材に火が通ったら、完成です。

ミツカン「シメまで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」具材 作り方 口コミ レビュー

出来上がり~!

いただきま~す ♪

 

ミツカン「ごま豆乳鍋つゆ」を食べた感想

ミツカン「シメまで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」感想 口コミ レビュー

スープうま~い(*´▽`*)

豆乳のクセが無く、まろやかでやさしい味わい。

 

あっさりしているけど、ごまの風味とコクがしっかりあって、とっても美味しい ♪

 

豆乳感を強く求めている方には物足りないと感じるかもしれません。なので、豆乳が苦手な方でもいけるんじゃないでしょうか!

 

おすすめのシメ「ごま豆乳カルボナーラ」

私のお気に入りのシメは、ご飯とチーズを入れた「チーズリゾット」や、マルタイの棒ラーメンを入れた「ごま豆乳ラーメン」です!

 

ミツカンのおすすめのシメは「ごま豆乳カルボナーラ」ということなので、パッケージに書かれている材料と作り方で作ってみました!

 

材料例

  • サラダ用スパゲティ:100g
  • 牛乳:1/4カップ
  • 卵黄:1個
  • 粉チーズ:適量
  • 黒こしょう:適量

お好みでベーコンを入れてもおいしく召し上がれます。

※通常のスパゲティを使う場合は必ず下茹でしてください。

 

今回は通常のスパゲティを下茹でして作りました。

 

作り方

①残った鍋つゆを温め、沸騰したら、スパゲティと牛乳を加える。

②スパゲティがやわらかくなったら、粉チーズを混ぜる。

③火を止め、溶いた卵黄を加え、軽くかき混ぜる。

おすすめシメ「ごま豆乳カルボナーラ」具材 作り方 口コミ レビュー

 

④仕上げに、粗挽き黒こしょうをかける。

おすすめシメ「ごま豆乳カルボナーラ」スパゲティ 作り方 口コミ レビュー

出来上がり ~いただきま~す ♪

 

「ごま豆乳カルボナーラ」を食べた感想

おすすめシメ「ごま豆乳カルボナーラ」感想 口コミ レビュー

クリーミーでおいしい(*´▽`*)

あっさりとしたカルボナーラです。

ベーコンがあったらより美味しいと思います (^-^)

 

スパゲティはもちろん、うどんを入れて「カルボナーラうどん」もいいですね ♪

 

まとめ

ミツカン「シメまで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」はあっさりしていてコクがある、まろやかな味わいの、本当にシメまで最高に美味しい鍋つゆでした ♪

いろんなシメが楽しめるのでおすすめです(*'▽'*)ノ

 

 

 

 

おすすめの記事です!

iggy.hateblo.jp

 

最後まで読んでいただき ありがとうございます<(_ _)>