LIFE

イギーとポルのブログ

【知ってるようで知らない】 いったい、うるう年って何なんだよ!? 【解説】

今週のお題「うるう年」

 

皆さんご存知の通り、今年は4年に一度のうるう年(^-^)

 

僕は大体オリンピックのある年がうるう年って覚えています!

 

どぉ~もぉ~ポルです!ヽ(^o^)丿

 

今回は、はてなブログのお題「うるう年」について記事を書いてみようと思いましてね。(^o^)

 

そもそも、ふつーにうるう年と言って使っていますが、うるうってどういう意味なの?

 

うるう年 iggy2019

 

目次

 

うるう
閏とは、暦(こよみとは時間の流れを、年や日という単位にして数えれるようにしたもの)において一年の日数や月数が普段の年よりも多いこと、または一日の秒数が普段の日よりも多いことをいう。またはその余分な日・月・秒のこと。 

 

なるほどね!じゃあ、うるう年とは何のためにあるの?

 

閏年

 ずっと昔、古代エジプトの時代に閏年はなく、1年が常に365日だったらしい。

 

しかし正確には、1年が365.242 189日なのだそうです、そうすると暦と季節が少しずつずれてしまう(>_<)

 

そのずれを訂正するため4年に一度366日の閏年を作った!

 

 

 

うひゃひゃwどんどんズレて8月に雪降ったりしたらやばいもんね!賢い人がいたもんだなぁ~その人には感謝しなきゃ!(^-^)

 

 

 

みなし誕生日とは

正確に言えば閏年の2月29日に生まれた人には、閏年以外の年(平年と言います)に誕生日は存在しないことになりますよね?

 

年齢は誕生日の前日、午後12時に歳をとるため、平年・閏を問わず、毎年2月28日午後12時に加齢されています。

 

つまり平年では、生まれの人と同時に歳をとることになる。

 

2月29日生まれの人は平年に誕生日は存在しないので、その前後の日(2月28日又は3月1日)のどちらかを「誕生日とみなす」必要になってくる。

 

それがみなし誕生日(2月29日生まれ)なのです! (゚д゚)!

 

 閏年がもたらす誕生日への影響

日本では、誕生日の行政手続に限り「みなし誕生日」を2月28日としている。

 

また、年齢計算については、もともと期間の満了は前日であるところ、1日早く出生日とする関係で、1年間の満了(加齢)も1日早く誕生日の前日となる。このため、2月29日生まれの者は、平年、閏年を問わず毎年2月28日24時に加齢(歳をとる)されます。

 
 

2月29日生まれの人は、誕生日が一日はやいんかいww
いいなーいいなー(^-^)

 
 

おすすめの記事です!

 
 
 
 

最後までこの記事を読んで頂きありがとうございます!

 

ならねーーーー!!ヽ(^o^)ノ